横濱戦術四天王(仮)~マリノスの戦術を読み解く〜

横浜が誇る戦術四天王による、横浜F・マリノスについてのつぶやきをまとめます。 ちなみに、あと2人がみつかりません。

蒼井真理 @aoi_mari

【バカには処理できなかった「中央」というカオスな世界を縦に3つに割って「お前はこのレーンに移動しろ」「WGとIHは同じレーンに立つな」と説明できる。ポジショナルプレイという「明瞭に言語化、イメージ化した」概念や5レーン理論という説明法は生まれた by 蒼井真理】 about 「ポジショナルプレー」「5レーン理論」「ハーフスペース」はバカにはできない?

蒼井真理 ――早朝のとりとめなき備忘録。いろいろ連投したいテーマは蓄積してるけど、なかなかまとまったものにならない(飽きっぽい)ので例によって下書きなしの着地点なしだ! ・今季マリノスが取り組んでるボスのスタイルや「ポジショナルプレイ」の概念…

【指す方向は決まってる。明確な航海図を示すボスもいる。ならやんなきゃ。今更「樋口ペナ角崩しの劣化コピー」と「なんちゃってポジショナルプレイ」のマイナス部分だけ表にだすような試合しちゃってどうすんのと by 蒼井真理】 about [2018-J1-8] 横浜 1 v 2 神戸

蒼井真理 蒼井真理 試合前〜試合中の実況&コメント 試合全体について 試合前〜試合中の実況&コメント 15連戦の5戦目はリーグ8節、ホーム神戸戦。暫定10位の神戸と15位マリノスは共に勝点8。強風吹き止んだ日曜の日産スタジアムにキックオフ1時間25分前到着…

【選手たちは勇猛果敢を貫いた、誇らしい。ユンユンと山中亮輔の打開、攻撃性が◎。大津とオリバーの2人は現状「出遅れ分を取り戻させるため評価ハードル下げて起用」期間。 by 蒼井真理】 about [2018-J1-6] 横浜 1 v 1 川崎

蒼井真理 蒼井真理 試合前〜試合中の実況&コメント 試合全体について 試合前〜試合中の実況&コメント 2連勝で迎えるリーグ6節ホーム川崎戦。今季初の日産スタジアム開催。昨季王者3位川崎と13位マリノスの勝点差は3。このスタイルへの確信と勢いを得るため…

【「適正な距離感のもとに▽を作りましょう」「常に “両斜め前に” パスコースを作るように」「ライン間や相手の隙間で」――といった前提を満たした上での修正や自主性でなければならない。あくまでベースに組織のプレイ原則がなくてはならないし、それを組織的な意味で理解しなくてはならない。 by 蒼井真理】 about [2018-ル杯-GL3] 横浜 1 v 0 新潟

蒼井真理 蒼井真理 試合前〜試合中の実況&コメント 試合全体について 試合前〜試合中の実況&コメント ル杯GL3節アウェイ新潟戦。新宿高速バスターミナルから6時間。たったの6時間 ル杯GL3節アウェイ新潟戦。新宿高速バスターミナルから6時間。たったの6時…

【改めて中澤佑二の今季と新たなスタイルに取り組む覚悟が読み取れる良記事。中澤佑二は一切妥協しない。やっぱこのお方は鬼ですよ鬼 by 蒼井真理】 about 「中澤佑二は速度勝負になぜ勝てるか。ハイライン守備で光る「コンマ何秒」。」

蒼井真理 Number編集部@numberweb 中澤佑二は速度勝負になぜ勝てるか。ハイライン守備で光る「コンマ何秒」。 #Jリーグ #jleague #fmarinos #中澤佑二 http://number.bunshun.jp/articles/-/830342 number.bunshun.jp 「そこは0コンマ何秒の世界だと思う。ボ…

【(エリクの3シーズンを)正しく評価し伝えてくれるメディアがある事を本当に嬉しく思う。ハイプレスとかビルド&ポゼッションとか偽SBとか5レーンとか表面的な戦術の部分でなく、最も根本的かつ病巣的にマリノスの「出来てなかった」部分が、変わろうとしてる by 蒼井真理】 about 河治良幸「Jリーグが衝撃…横浜FM「ポステコ革命」の真実」

蒼井真理 河治良幸 @y_kawaji マリノスの基本的な戦術理念を少し大きめにまとめました。まずは前編です。 Jリーグが衝撃…横浜FM「ポステコ革命」の真実【前編】 (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット) dot.asahi.com マリノスの基本的な戦術理念を少し大…

【計り知れない価値あるアンジェ横浜リーグ初勝利!チームレベルだけでなくクラブ全体で、マリノスちゃんと積み上げて構築できるクラブになってきてるよ!絶対に今日みたいな成功体験が「貫いた事が正しく報われた結果」が必要だから。ホント勝てて良かったああああああああ by 蒼井真理】 about [2018-J1-4] 横浜 1 v 0 浦和

蒼井真理 5連戦の5戦目は序盤の節目、リーグ4節アウェイ浦和戦。開幕3戦未勝利、13位の浦和と16位マリノス。勝って浮上の契機とするのは何れか、あるいは共に沈んだままか――浦和美園へユルユル移動中 5連戦の5戦目は序盤の節目、リーグ4節アウェイ浦和戦。開…

【鳥栖戦はできてなかったのは扇原だけじゃなく天野純や山中亮輔も「スタイルへの忠実さチャレンジング」の部分で低調だった。道は遠く険しいが、前を向こう挑戦者たちよ。 by 蒼井真理】 about [2018-J1-3] 横浜 1 v 2 鳥栖

蒼井真理 リーグ戦もホーム開幕! ――ってもル杯から中2日で再び三ツ沢では新鮮味ないけど中3日後また三ツ沢だょ! とにかく晴れて良かった 3節ホーム鳥栖戦、キックオフ35分前に三ツ沢到着 リーグ戦もホーム開幕! ――ってもル杯から中2日で再び三ツ沢では新…

【是非このまま、喜田パイセンには勇気と責任感あるチャレンジをシーズン通し継続して欲しい。このまま中軸としての存在感を高め、来季こそキャプテンマークを付けて欲しい。 by 蒼井真理】 about 喜田拓也 at 2018シーズン序盤 について

蒼井真理 フットボールチャンネル⚽️@foot_ch 横浜FMの喜田拓也、6年目の進化。アンカーで感じる「面白さ」、勇気と挑戦の体現者に https://t.co/ngF8VxPlUx (取材・文:舩木渉 @watarufunaki ) #fmarinos #jleague 横浜FMの喜田拓也、6年目の進化。アンカ…

【マリノスの決定機もC大阪の決定機も全てマリノスが作り出した。この時期にここまでのクオリティを見られるとは思ってなかった by 蒼井真理】 about [2018-J1-1] 横浜 1 v 1 C大阪

蒼井真理 新たなボス、アンジェを迎え臨む 2018リーグ開幕のアウェイC大阪戦。近年まるで良い思い出ない長居に向けて新横浜からぷらっとこだまで緩やかに出発 新たなボス、アンジェを迎え臨む 2018リーグ開幕のアウェイC大阪戦。近年まるで良い思い出ない長…

【欧州では「あたり前」な監督を中心とした監督の要求に基づくセット招集、現場体制。マリノスでは95年のソラリ体制以来か。CFGとの提携で、現場の体制作りも変革・・・ by 蒼井真理】 about 2018シーズンのマリノスの現場体制

蒼井真理 2018シーズンのマリノスの現場体制をリーグ開幕3日前に確認&備忘録 2018シーズンのマリノスの現場体制をリーグ開幕3日前に確認&備忘録 pic.twitter.com/VeMxRZuLf6— 蒼井真理 (@aoi_mari) February 22, 2018pic.twitter.com 監督 アンジェ ポステ…

【下平匠の偽SB適性、戦術理解は桁外れにハイレベル。右SB金井貢史も偽SB適性は高い。アンカーは扇原一択と言っていいと思うのだが。 by 蒼井真理】 about [2018-練習試合] 横浜 4 v 3 F東京

蒼井真理 2014年9月、松本翔のCKから関東学院大3年FW富樫敬真のヘッドにより1ー0で勝利したトップ練習試合以来、3年半振りの小平瓦斯練習グラウンド。その敬真は後に瓦斯戦のゴールでプロ契約を勝ち取り、今季は瓦斯にローン移籍。不思議な縁 2014年9月、松本…

【3ー2ー2ー3に変形する仕組みは面白い。山中亮輔、松原健もそこから縦に持ち運んだりアングル付けたパスを縦に入れたり、WGに開いて外を回ったりとデザインされたプレイはあるし、彼らにその適性もある(だから昨季獲得した) by 蒼井真理】 about [2018-PSM] 横浜 0 v 0 F東京

蒼井真理 アンジェ横浜始動から1ヶ月、リーグ開幕8日前。初のJ1クラブとの対外試合プレシーズンマッチ瓦斯戦。キックオフ1時間40分前に味スタ到着 アンジェ横浜始動から1ヶ月、リーグ開幕8日前。初のJ1クラブとの対外試合プレシーズンマッチ瓦斯戦。キックオ…

★新春★【エリクは攻守のプレイモデル(原則)を選手たちに与え植え付けてきたが、それはベースとなる原則であり、そのベースの上に如何なるプレイを選択しゲームを作るかは選手個々の判断、責任において為される。「ルールを守っていれば叱られない」ピッチは小学校ではない。自分で考え、決断しなければ by 蒼井真理】 about エリク横浜3シーズンの総括(4)

蒼井真理 ★新春★エリク横浜3シーズンの総括シリーズ その(1) ... ★新春★【こうして振り返ると、1年目の後半から2年目、3年目と「両翼頼み、後半のオープン適性大」「先制できればやたら強い」傾向は、強調の一途だったと改めて実感。それ以外の積み上げに…

★新春★【目に見える形でチームの若返り、世代交代が進んだのはエリク3年目の2017シーズン。編成により成された部分が極めて大きい事は明らかだ。過渡期、変革期ってヤツですか。だから2018年、2019年は激動のシーズン間違いなし。 by 蒼井真理】 about エリク横浜3シーズンの総括(3)

蒼井真理 ★新春★エリク横浜3シーズンの総括シリーズ その(1) ... ★新春★【こうして振り返ると、1年目の後半から2年目、3年目と「両翼頼み、後半のオープン適性大」「先制できればやたら強い」傾向は、強調の一途だったと改めて実感。それ以外の積み上げに…

★新春★【チームは前向きにチャレンジする姿勢を取り戻し、ここからビルドアップはシーズン後半にかけ目覚まし進歩を示す。柏や鹿島を相手に、自信持って自陣深くから繋ぎ前に運べる程に。指数変化を見ると、やはり中盤期に大きく積み上がった。 by 蒼井真理】 about エリク横浜3シーズンの総括(2)

蒼井真理 ★新春★エリク横浜3シーズンの総括シリーズ その(1) ... ★新春★【こうして振り返ると、1年目の後半から2年目、3年目と「両翼頼み、後半のオープン適性大」「先制できればやたら強い」傾向は、強調の一途だったと改めて実感。それ以外の積み上げに…

★新春★【こうして振り返ると、1年目の後半から2年目、3年目と「両翼頼み、後半のオープン適性大」「先制できればやたら強い」傾向は、強調の一途だったと改めて実感。それ以外の積み上げに、なかなか着手できなかった by 蒼井真理】 about エリク横浜3シーズンの総括(1)

蒼井真理 ★新春★エリク横浜3シーズンの総括シリーズ その(1) ... ★新春★【こうして振り返ると、1年目の後半から2年目、3年目と「両翼頼み、後半のオープン適性大」「先制できればやたら強い」傾向は、強調の一途だったと改めて実感。それ以外の積み上げに…

★新春★【タイトルの夢が潰えた終盤戦も、柏戦の前半は今季ベストの内容であったと思うし、学の長期離脱を受けた吹田戦の渓太の決勝ゴールは感無量で1人バクスタでさめざめ泣いた。首位鹿島戦の勝利も含め、3年目のエリク横浜、2017マリノスは最後まで投げ出さず、前を向き続けてくれた。私は誇らしく思う by 蒼井真理】 about 2017シーズンのリーグ戦総括

蒼井真理 エリク横浜のラストゲーム、元日決勝の前夜大晦日に『2017シーズンのリーグ戦総括』を連投*1 エリク横浜のラストゲーム、元日決勝の前夜大晦日に『2017シーズンのリーグ戦総括』を連投 pic.twitter.com/DLX7hLnPYH— 蒼井真理 (@aoi_mari) December …

【エリクの退任は、マリノスが「更なる高みを目指す準備」ができた、その仕事をエリクが見事に成し遂げた――その判断に基づくものだと思いたい。新監督が決定する頃までに、番記者の皆さんには利重さんやドルに取材して報じて頂きたいと切に願う。 by 蒼井真理】 about エリク モンバエルツ監督の退任に際して

蒼井真理 横浜F・マリノス【公式】@prompt_fmarinos このたび横浜F・マリノスでは、エリク モンバエルツ監督が2017シーズンをもって退任することになりましたのでお知らせいたします。 2018シーズンの監督につきましては、決まり次第お知らせ致します。 http:…

【私的マンオブザマッチは全員だよ全員!超楽しい。誇らしい。最高だ。胸が熱い。生きてて良かった。 by 蒼井真理】 about [2017-J1-30] 横浜 3 v 2 鹿島

蒼井真理 2017リーグ戦も残り5試合。絶対エースの学と金井、松原健、チーム得点王のウーゴまでも負傷で欠いて臨む大一番ホーム鹿島戦。雨上がりの日産スタジアムにキックオフ1時間前到着 2017リーグ戦も残り5試合。絶対エースの学と金井、松原健、チーム得点…

【皆が批判するように「考えた末に臆病風に吹かれ横パスに逃げた」というより、反射的に横パスに解を見いだしたのかもしれない。でも、天野純には「反射的に」そこで自らのシュートを選択する選手に、最後の一番重い責任を背負える選手になって欲しいんだ by 蒼井真理】 about [2017-J1-29] 横浜 1 v 1 大宮

蒼井真理 中断明けのリーグ29節ホーム大宮戦。ラスト6試合で首位鹿島と勝点10差、2位川崎とは5差。めっきり涼しくなりました曇天の日産スタジアムにキックオフ1時間前着 中断明けのリーグ29節ホーム大宮戦。ラスト6試合で首位鹿島と勝点10差、2位川崎とは5差…

【天野純はせっかく良い左足ミドルを持ってるんだし、喜田もそうだけど「シュートで終わる意識」とか「自分で攻撃を終える」責任感が足りない。それじゃどこまでも「Jリーグのそこそこ良い選手」止まりだ by 蒼井真理】 about 選手評 of [2017-J1-28] 横浜 2 v 1 G大阪

蒼井真理 アウェイ吹田戦2ー1の主観と偏見と思い込みに満ちた選手評 アウェイ吹田戦2ー1の主観と偏見と思い込みに満ちた選手評 pic.twitter.com/r87OkrS4lS— 蒼井真理 (@aoi_mari) October 1, 2017pic.twitter.com GK飯倉大樹。眼前でヘッドを叩き付けられた失…

【いやあ改めて、勝てて良かった…。1試合以上の意味がある大事な試合だった。勝点3以上の価値がある勝利だった。ホントに皆よく粘り強く諦めずに戦ってくれた。いやあ、本当に良かった by 蒼井真理】 about [2017-J1-28] 横浜 2 v 1 G大阪

蒼井真理 リーグ残り7試合。3試合勝ちなくタイトルの夢は遠のいたが、まだACLも2位8.2億円も諦めるような状況じゃない。28節アウェイ吹田戦。新横浜から新大阪へ リーグ残り7試合。3試合勝ちなくタイトルの夢は遠のいたが、まだACLも2位8.2億円も諦めるよう…

【学が諦めない限り、信じて待っている。齋藤学なら、きっと乗り越える。ただ学の復帰を待つのでなく、底上げをして強くなって迎える事。選手だけじゃない。きっと皆1人ひとりにできる事。 by 蒼井真理】 about 「2017/09/26 齋藤学選手 / 右膝前十字靱帯損傷(全治8ヶ月の見込)」の発表について

蒼井真理 齋藤学選手 / 右膝前十字靱帯損傷(全治8ヶ月の見込) 【齋藤学選手の負傷について】https://t.co/WV14PHF9fq #fmarinos #齋藤学 pic.twitter.com/MqctWv6wdE— ⊂( ・ิϖ・ิ)⊃横浜F・マリノス公式 (@prompt_fmarinos) 2017年9月26日 無念の全治8か月離…

【ビルド&ポゼッションの改善だけでなく、守備の強度と主体性の向上も意識したものであった訳だ。得られた課題に真剣に取り組み、見事に試合で実践して見せた。間違ってない。この取り組みとチャレンジする姿勢を継続しよう by 蒼井真理】 about 備忘録/選手評 of [2017-J1-26] 横浜 1 v 1 柏

蒼井真理 等々力0ー3完敗から反発する素晴らしき勇気と意思の力。エース齋藤学の今季初ゴールでウノゼロ完遂目前にクリスティアーノの一撃。表と裏の前後半。ホーム柏戦1ー1の備忘録 等々力0ー3完敗から反発する素晴らしき勇気と意思の力。エース齋藤学の今季初…

【川崎戦の完敗から反発しチーム全員がピッチに強い意思を示し実に誇らしい戦いを見せてくれたが。喜田のギリギリのプレイは、コンタクトが無ければ素晴らしいプレスバック。ファウルなのは間違いないが責められない。 by 蒼井真理】 about [2017-J1-26] 横浜 1 v 1 柏

蒼井真理 リーグ26節ホーム柏戦。3位の柏が勝点49。5位マリノス勝点47。勝てば順位は入れ替わり上位戦線に踏みとどまる、連敗は許されないビッグマッチ。雨の日産スタジアム、キックオフ1時間20分前に到着 リーグ26節ホーム柏戦。3位の柏が勝点49。5位マリノ…

【昨季より「チームの勝利」のため考える事も、周囲にプレイで示すべき事も増えた。でももう少し、自分の閃きや感覚を信じてあげてもいいんじゃないかしら by 蒼井真理】 about "カピタン" 齋藤学

蒼井真理 ――主にマリノスのNo.10絶対エースにしてカピタンの齋藤学さんへ。最近すごく自陣担当サイドの守備を頑張ってますね。川崎戦の備忘録でも触れた「今のチームが勝つための勝ちパターン」的にも「やらなきゃいけない」という責任感が増しているのも解…

【加茂周氏なくして現在のマリノスは無い。マリノスの父であり母。 by 蒼井真理】 about 加茂周氏の日本サッカー殿堂入り

蒼井真理 元日本代表監督・加茂周氏が日本サッカー殿堂掲額式典に出席 http://dlvr.it/Pm6RXQ 元日本代表監督・加茂周氏が日本サッカー殿堂掲額式典に出席 https://t.co/x3zM3Tqev0 pic.twitter.com/6LDCds7pEf— スポーツ報知・サッカー取材班 (@hochi_footb…

【いや全然強がりでなく、アウェイ川崎戦0ー3はそんな凹んでないっスよ。昨日のマリノスはこんなもんだ。でも次のマリノスはきっとこんなもんじゃない。もっと強くなれると信じてる by 蒼井真理】 about [2017-J1-25] 横浜 0 v 3 川崎

蒼井真理 2017リーグもあと10試合。 首位鹿島と勝点5差。2位マリノス勝点47。3位の川崎が勝点46。 高みに挑む資格はあるのか、積み上げた力は本物か。 問われ試される大一番アウェイ川崎戦。キックオフ1時間前に等々力に到着 2017リーグもあと10試合。首位鹿…

【私的マンオブザマッチは左SB山中亮輔!SBなのに何度も何度もチームのチャンスの起点、ピンチを防ぐ。連戦ラストもエネルギッシュなハードワークでウノゼロ勝利に大きな貢献!山中亮輔の明るさはチームに笑顔と勢いをもたらしている・・・ by 蒼井真理】 about [2017-J1-22] 横浜 1 v 0 鳥栖

蒼井真理 今季最後のリーグ三ツ沢開催、22節ホーム鳥栖戦。真夏の3連戦、終わればリーグ戦約2/3が終了。前半戦アウェイは 0ー1敗戦そこからの11戦無敗。タイトルを争う資格はあるか。大きな節目となる大事な一戦、キックオフ1時間15分前着 今季最後のリーグ三…