横濱戦術四天王(仮)~マリノスの戦術を読み解く〜

横浜が誇る戦術四天王による、横浜F・マリノスについてのつぶやきをまとめます。 ちなみに、あと2人がみつかりません。

いた @itaruru

【サッカーにおける4つの局面、その現在地について by いた】 about [2017-J1-17] 横浜 2 v 1 大宮

いた 真理ちゃんに追随する形になった大宮戦の印象とか。 行けなかったのでたまにはちゃんと振り返る。 ・前半の印象 行けるときには前から、奪えなければ一度引いてセットして守る。リスクは最小限、大宮戦らしい静かな試合。 立ち上がりこそプレス回避に使…

【幅を取る中で中央でサポートする選手との距離が開きすぎているし、それだけのモビリティもない。意思共有はもっとない(動く方向がわかってればまだ違うはず) by いた】 about 現状分析 at [2017-J1-12] 横浜 1 v 1 仙台

いた ポゼッションする、って目的がある中では今のフレームはポゼッションする上では凄く難しいことかもしれない。 アタッカーが幅を取る、サイドバックも幅を取る、横幅が取られる中でどちらにボールが動くか共通理解がなく選手間の距離が開く、縦の関係し…

【ただ繋ぐだけじゃない、運ぶだけじゃない。引っ張り出せ、動かせ、そのための努力とリスクテイク、勇気こそが必要。 by いた】 about 2017リーグ前半、相手プレッシングに対しての打開について

いた寝る前のちょっとだけアウトプット。プレッシングに対しての攻撃構築の話。柏戦でもろにハマって、ガンバ戦でも苦しんだ。今に始まったことではないけれど、ボールを持たされた状況でプレスを掛けられると途端にトーンダウンしてしまう。未だに解決の糸…

【今年もまた公式戦という栄養を得て大きく花開く可能性を示す若者が出てきそうな気配がある。 by いた】 about [2017-ルヴァン杯-第3節・第4節] での、賢星・海夏・渓太ら若い選手の台頭について

いたリーグ戦、2試合連続の苦き零封負け。対極的に、カップ戦では2連勝で3位に浮上。就任当初からエリク・モンバエルツのカップ戦の考え方は変わらない。リーグ戦で出場機会に恵まれない選手、若い選手に出場機会を与え、公式戦でのシビアな経験を経て成長を…

【「身のこなし方がありえないくらい上手いっすねぇ」「バルサ伊達じゃない!」 by かっつ&いた】 about ダビド バブンスキーについて@2017宮崎キャンプの練習動画(ロンド)より

※Facebookにマリノス公式が投稿した、練習風景(ロンド)の動画についての感想ツイート ※中央でパスをさばいているのが、バブンスキー(元バルセロナB) 噂になってるバブンスキの練習風景をようやく見たけど、笑っちゃうほど上手いな…こういうのをやらせる…

【とてもポジティブなイントロダクションに。すごくきっちりしたサッカーが出来た。遠藤渓太が壁を破った&山田康太のインパクト。 by いた】 about [2017-アジアチャレンジ-2] 横浜 4 v 0 スパンブリーFC

いた改めて昨日の試合。まだまだコンディション調整段階の中で、若い選手が結果を残し、大きな怪我人も出ず、とてもポジティブなイントロダクションになったのかな。トップの内から外への追い出しからのサイドへの誘導、4-4のブロック、フィードによる外展開…

【若い力がチームに勢いを与えてくれてるのは間違いない。継続して結果出せると最高だね。 by いた】 about [2016-J1-1st-4] 横浜 2 v 1 鳥栖

いたチームコンセプトを具現化した敬真ゴールで先制も、不運な形も3試合連続のセットプレーでの失点で追いつかれる。しかし、最後に待っていたのは中町公祐劇場。素晴らしいミドルループでの連勝でホーム初勝利、めでたい。まずは、開始3分での得点について…

【アクションを起こせる選手がチャンスを掴む可能性はあるのかな、と by いた】 about [2016-J1-1st-2] 横浜 1 v 1 福岡

いた福岡戦。アウェイキット、ボールドピンクのユニフォームお披露目となった試合、序盤のセットプレーによる失点が重くのしかかる中、帰ってきたNo.10の伝家の宝刀によりなんとかドローに。もがき苦しんでの勝ち点1、ただ、個人的には凄くがっくりして悔し…

【進歩が見られなかった、高いパフォーマンスも見られなかった、という意味でがっくりと来てしまう試合に落胆 by いた】 about [2016-J1-1st-1] 横浜 0 v 1 仙台

いたともあれ、こういう悔しさもシーズンが始まったからこそ。ネガティブにいても楽しくないので、楽しむ気持ちを忘れず新しいシーズンを過ごしていきたいです、はい。

【横浜の攻撃パターンに適合した上でってことになるよね by いた】 about 2016年開幕前補強について

いた横浜で20点取れるストライカーってどんな選手なのかな。例えばスアレスとか、レバンドフスキが来たら取るだろうけど突き抜けたレベルは非現実的。ってなると、横浜の攻撃パターンに適合した上でってことになるよね。うーん。 ・クロス数が少ない(単純に…

【切り替えやボールサイドなどのインテンシティを必要とするコンセプトワークと個々のスキルやアイデアによるクオリティが良いバランスになってきたことは喜ばしいこと by いた】 about [2015-J1-2nd-9] 横浜 4 v 0 浦和

いた浦和戦。 これまで苦労させられていた「ミシャ式」への対応の解を携え、磨いてきた鋭いカウンターで脅威を与え、魔法のキックで風穴を開ける。そして、機を逃さず加点して大差での勝利。1stステージチャンピオンを攻守に圧倒しての完勝。言うことないで…

【じゃあ主体的な要素に置いて横浜が何が出来たのかという点についてを考えると、結構な勢いで何も出来なかった by いた】 about [2015-J1-2nd-4] 横浜 0 v 2 広島

いた(前半終了)一言で言うなら「慎重」「睨み合い」。お互いにアグレッシブな姿勢を見せて潰し合うというより、ゆったりとボールを動かすことを許容しつつ、お互い牽制しあうような試合。広島の方が多少アグレッシブな姿勢は見せたかな?ってぐらいで静か…

【両SBとGKを除けば、各ポジションの競争は凄く激しくなってる。ゴールは今年横浜が取り組んでいるサイド寄せが功を奏した形。 by いた】 about [2015-J1-7] 横浜 3 v 0 湘南

いた湘南戦。快勝、日産スタジアム今季初勝利、待ち望んだアデミウソンと齋藤学の今季初得点、中村俊輔・ラフィーニャ今季リーグ初出場、久々の完封と、言うことなし!良いゲームが出来てよかった!何度見ても美しい3つのゴール、痺れました。特に先制点とな…

【走行距離を見るまでもなく非常に負荷が高く、刻一刻と変わるタスクを遂行した選手達には頭が上がりません。 by いた】 about [2015-J1-4] 横浜 2 v 1 柏

いた 柏戦。まず、素晴らしいパフォーマンスをしてくれた選手達に感謝。よく勝ち切ってくれました。走行距離を見るまでもなく非常に負荷が高く、刻一刻と変わるタスクを遂行した選手達には頭が上がりません。拍手。注目が集まった喜田くんのトップ下起用、意…

【彼(アデミウソン)を「使う」術をチームとして見出そうとしている方向性は間違いなく正しい。後は彼の才能が直接的にゴールを導き出す形が出来るといい。 by いた】 about [2015-J1-3] 横浜 1 v 0 鳥栖

いた鳥栖戦。公式戦4試合目にして掴んだ今季初勝利。壊れてしまった基盤を再度立て直し、攻撃にスピードとクオリティを付与できるキープレーヤーとの関係性を一歩ずつ積み上げ、相手の分析をきっちりと行った上で対策を施し、ようやく掴んだ初勝利。決して平…

【標榜しているフットボールは未来を見据えると希望に満ち、非常にポジティブな印象。しかし、要求されるプレーは技術的により難易度が高いとも感じた。 by いた】 about [2015-psm] 横浜 0 v 1 松本

いた【PSM山雅戦】エリク・モンバエルツ初陣を見て開幕を2週間後に控える2/21、沖縄での1次キャンプ、宮崎での2次キャンプを終え横浜へと戻ってきたFマリノスは松本山雅FCとのプレシーズンマッチに臨みました。新監督エリク・モンバエルツのイントロダクショ…

【日程、怪我、コンディション、巡り合わせ。ただ、その全てを整え、乗り越え、戦える状況を揃えてこそのチーム力。 by いた】 about 2014 総括

いた転載元はこちら。https://note.mu/itaruru/n/n4381381b39862月第3週から12月第1週、長い長い2014年が幕を閉じました。2013年の悔恨を胸に今季こそと「5冠」を掲げ臨んだシーズンではありましたが、ゼロックスでの敗戦を皮切りに、リーグ戦7位、ACLグルー…

【優平・淳吾・まな+兵藤さんのもってるテンポと俊様の溜め、このギャップをチームとしてうまく消化できるようになるといいなぁと。 by いた】 about [2014-J1-34] 横浜 1 v 1 FC東京

いた東京戦。2月から始まった長い長い2014年の最終戦、勝って終われたら素晴らしかったけれど、残念ながらドロー。ただ、賞金圏内を守り、1000万円防衛成功。ちりつもじゃないけど、決して小さな額じゃないので、それはよかったよかった。ファビオが足首を痛…

【残念ながら樋口さんが積み上げ、標榜してきた「攻守に能動的にアクションを起こし主導権を握るフットボール」は表現することが出来ず。とにかく「ズレ」が目立ったから。 by いた】 about [2014-J1-33] 横浜 1 v 0 新潟

いた新潟戦。昨シーズン…というのは余りなかったけれど、選手達のモチベーションとして樋口さん・小林さん退任の花道を飾ろうと戦ってくれた訳で、それが見事に達成されたことは凄く嬉しいな、と。ただ試合内容としては、残念ながら樋口さんが積み上げ、標榜…

【来年に繋がるよ、間違いなく。素晴らしかった兵藤さん男前! by いた】 about [2014-J1-32] 横浜 2 v 1 神戸

いたゆーへー!ゆーへー!ゆーへ!ゆーへ!ゆーへ!振り抜っけー!みっぎあっしー!さとーゆうへーいー♪兵藤さんキャプテンだ!頑張れ!たのむよー!シュート力のある佐藤…ともあれ優平ナイスラン!佑二さんそれだ!パン様の折り返しもよかった。後は中央の…

【中に入り空いたスペースに入る、戻してもう一度入れる、引きつけてスペース、よくボールは動いてるのよ。最後の手前までは来てる by いた】 about [2014-J1-29] 横浜 3 v 2 大宮

いた翔さん-淳吾、俊様-兵藤さんの動きの関連性ってあったりするのかな…うん、やっぱり。真理ちゃんの言葉にあった「斜め」(ギャップを使う時のタイミングやランニング)、それと流動的なポジションチェンジ(縦の出入り、横と中のバランス)の中の秩序、即興的…

【甲府の術中にハマった、というか、ハマりにいった、みたいな感じがしてならなかった by いた】 about [2014-J1-26] 横浜 0 v 0 甲府

いた甲府戦録画見終わりました。引き気味の5バック気味の陣形、献身的かつ丹念なアプローチ、身体を張った水際の守備、そんな甲府の守備をいかに打開するかが勝負の綾となった試合。結果としてスコアレスドロー。またしても甲府に勝てなかった。パン様、中町…

【チープな失点癖は未だ……各セクションが果たすべき役割を果たすということ by いた】 about [2014-J1-19] 横浜 2 v 2 柏

いた柏戦、引き分け。ガンバ戦の相手を意識しすぎた消極的な戦いからの敗戦から一週間、パフォーマンスは向上して、改善は見られたけど、チープな失点癖は未だ……樋口体制の横浜のメインコンセプトは「攻守両面で能動的なアクションを起こしてイニシアチブを…

【皆、翔さんに抱かれてきて!まなは頂いていきますね♪ by いた】 about [2014-J1-12] 横浜 2 v 1 広島

いたやったぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!よくがんばった!よくひっくりかえした!やったぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!広島1-2横浜(FT)後半開始から少しずつ前から行こうとした横浜を迂回するよ…

【動き出しに変化を付けてボールを引き出す練習やドリブルから左足シュートの練習、今でも思い出す。胸張ってブラジルにいってほしい。 by いた】 about 学の 2014W杯 日本代表選出について

いたまなきたぁぁぁぁ!おめでとぉぉぉぉぉ!涙出たわ……ただ、こっからだね!ほんとよかった!高校2年生、17歳の時に惚れてから8年目。2014年ブラジルワールドカップの日本代表に齋藤学選手が選ばれたこと、本当に嬉しい。そして、誇らしいです。あどけなく…

【チームにエネルギーをもたらすことを求められてる、そこで競争が起こってくれたらいいな by いた】 about [2014-J1-11] 横浜 2 v 0 G大阪

いたガンバ戦。久々のゴール、そして久々の勝ち点3。長かった…本当に良かった。これをきっかけにもう一度チームが復活できるといいなと思わずにいられない。勝負の綾は点が取れたこと、そして点を取られなかったこと、になるのかな。当たり前のことだけど。…

【中央に寄せて大外走りこんだ所にループパスを通し、ヘッドで折り返す。これ、横浜でも出来ると思うよ。 by いた】 about [2014-J1-9] 川崎 v G大阪を見ながら

いたさっきから川崎-ガンバを見てるのだけど、細かい繋ぎで中央に寄せて大外走りこんだ所に憲剛が柔らかいループパスを通し、ヘッドで折り返す、って形が2度ほど。嘉人が決めきれずゴールとはならなかったけど最後がちゃんとスコアラーに繋がってる。これ、…

【頭も、身体も動かず。「頭が動いていない」ことによるミスというのは結構深刻。 by いた】 about [2014-J1-9] 横浜 0 v 1 FC東京

いた東京戦。広州との決戦を落とし、リスタートとなる一戦。しかし、頭も、身体も動かず、エンジン掛からない間に喫した失点が重くのしかかる形で敗戦。失点シーンに選手の状態が現れていたのかも。ボールに足がつかずにもたついた中町、千真のプレッシャー…

【他の3クラブには及ばなかった。9年前の理不尽な敗退とは違う、純粋なフットボールの力の差。 by いた】 about [2014-ACL-予選6] 横浜 1 v 2 広州恒大

いた悔しくて泣けてくる……90分間の中で力の差、クオリティの差、ホームの力……様々なものに気圧され、圧倒され、リスクできないところから、勇気を出し、エネルギーを振り絞って最後まで戦ってくれたからこそ……「勝たせてやりたかった」おこがましくてこんな…

【横浜の伝家の宝刀が抜かれたことでこのゲームが決した by いた】 about [2014-J1-3] 横浜 3 v 0 徳島

いた徳島戦。2013年の苦い記憶のプロセスにあったホーム甲府戦と大分戦での二つの引き分け。ホームでしっかりと勝ち点3を積み上げることこそ、優勝に繋がる。ACLを挟んでの中2日でのゲームということも含めて大事なゲーム。だからこそ、勝ててほっとしました…

【スカウティングもまたチーム力、素晴らしい仕事でチームを支えてくれた by いた】 about [2014-J1-2] 横浜 1 v 0 清水

いた清水戦、しっかりと勝ち切りました。パーフェクトなゲームだったか、と言われると、決してそうではないけれど、らしい勝ち方だったのかも。クリーンシートでの2連勝、よかったよかった。選手から口々に「スカウティング」という言葉が聞かれたけれど、し…

【全北のアプローチを体感したことで、選手達の圧力の感じ方に変化があった by いた】 about [2014-J1-1] 横浜 2 v 0 大宮

いた改めて、開幕戦。ゼロックス広島戦、ACL全北戦と希望を見出しにくい内容での連敗に不安な気持ちを抱えつつ迎えた試合。しかし、蓋を開けてみれば、新戦力が結果を出し、失点が続いた守備もクリーンシート。いい形で今季初勝利を上げることが出来ました。…

【激しいコンタクト、アプローチで力負けするようだと鋭いカウンターの餌食に by いた】 about プレビュー of [2014-ACL-予選1] 横浜 v 全北現代

いたいよいよ始まるACL。続々と韓国入りしている方もいて、いやがおうにも気分は高まります。初戦の相手はKリーグ3位で出場する全北現代。現代自動車(HYUNDAIって聞くと馴染みがあるかな?)を親会社に持ち、ここ5シーズン常にタイトルを争う位置で戦えるチー…

【もっともっと真理ちゃんや自分みたいに好き勝手にサッカーのことを話せばいいと思う。 by いた】 about 横浜界隈のインターネットでの話題について

本サイト(戦術四天王)の基本理念といってもいい感覚なんですよね。 by nari個人的に横浜はサッカーのことをインターネットで語るのを嫌う傾向にあるのかな。普通に顔をつき合わせて話せば話さないことはないけれど…何か原因があるのかしら。逆に応援のこと…

【個人的には4-1-4-1みたいな形、あとは4-2-3-1でも、ボランチに優平くんを使ってみてほしい。 by いた】 about 2014始動に伴う4-3-1-2のオプション報道についてなど

4-3-1-2ねぇ。システムのメリット・デメリットは置いておいて、何を目的に、どのように戦うのか、という部分が気になるかなぁ。ゾーンブロックを組みつつ、ロングカウンターとかは嵌まりやすいと思うけど、横浜はロングカウンター向きの選手は少ないし…とい…

【メンバー入りもかなり厳しい争いになる。昨シーズンとはまた違う幅のあるチームに。 by いた】 about 2014オフの補強について

新体制発表を日曜日に控え、オフの動きが収束しつつあるので、印象などを。今オフの動きにテーマをつけるとしたら、このような形か。1.マルキーニョスの穴を埋める新たな前線の核の獲得2.ドゥトラの引退に備えての左サイドバックの後任候補の獲得3.齋藤学の…

【藤本使うために兵藤外す位なら、0トップの方が良いんでね? by teppei, nari, き, いた】 about 2014の新布陣妄想

teppei @teppe14バックで俊輔・マチ・カンペートライアングル維持って話で藤本使うために兵藤外す位なら、0トップの方が良いんでね?って本気で思ったり。fmbh_nari @fmbh_nariそうか!すごい見たい!! き @I83DKそれ見たいteppei @teppe1気が利く兵藤みた…

【迎える側である横浜の人が色眼鏡で見ることはないのかな、と by いた】 about 伊藤翔の加入について

伊藤翔 まとめ めも http://matome.naver.jp/odai/2138217901879296401話題先行な面は否めず色眼鏡で見られたり、と彼自身凄く苦しい時期を過ごしてきたのかな?と過去の情報を巡りつつ。実際彼自身の中にも騒がれたりしたことで驕りみたいなものがあったの…

【マリノスレビューもやればいいんじゃないかしら?きんたさんか、水沼さんで。 by いた】 about 「レッズレビュー」を見て思うこと

レッズレビュー初めて見た。ちゃんと選手のダメなところをシビアに指摘する姿勢があるのはいいこと。福田さんだから出来るのかな?マリノスレビューもやればいいんじゃないかしら?きんたさんか、水沼さんで。和司さんだと見てくれる人少なそうだからいいやw…

【「サッカー選手としての幸せ」をジェフで追求するとなれば、否応なく応援したい by いた】 about 天野・田代の移籍について

天野貴史、田代真一のジェフへの移籍が決まりました。厳しいプロの世界、11~14人と試合に出場できる人数が限られる中で、出場できる選手もいれば、出場できない選手もいる。それは光と影の関係のように常に付きまとうもの。特に今シーズンはレギュラーメンバ…

【「勇気」「果敢」「集中力」 by いた】 about [天-決勝] 横浜 2 v 0 広島

決勝戦、TVでも見終わりました。気迫であったり、気持ちであったり、クオリティがTV越しにでも伝わってくるものがあって、飽きもせずぐっときちゃって、選手達には改めて感謝の気持ちでいっぱいです。ピッチの中から感じ取ったものは「勇気」「果敢」「集中…

【僕にとっては初めての体験、存分に堪能したい。 by いた】 about プレビュー of [天-決勝] 横浜 v 広島

「元日・国立」 お正月の風物詩は、午前中に年始の挨拶を済ませ、お年玉を配り、おせちとお雑煮をつつきつつ、少し飲んで酔った状態で職休みも兼ねてテレビの前に。勝ちたかったな、ここでやりたかったな、と思いつつ、羨望の眼差しでタイトルを懸けた熱戦を…

【「内側」にいる人たちは「フェア」な評価をしてあげてほしい by いた】 about 2013リーグ後の樋口監督批判について

カナロコの記事から樋口監督への批判がぽろぽろ出てるのね。「勝てば官軍、負ければ賊軍」な世の中だし、致し方なしと思うけれど、この報道に乗じて樋口監督の評価が大きく変化し、批判してたりするのを見てるとむむむー、と思ったり思わなかったり。評価に…

【今の川崎は爆発的攻撃力のある、凄く危険なチーム by いた】 about プレビュー of [J1-34] 横浜 v 川崎

今日は川崎のこと。春先にリーグ・ナビスコとホームとダブルして、あっさりとSKYシリーズ制覇を決めたのは昔のこと。 チームに息づくアイデンティティを思い出し、エッセンスとして風間式のパスサッカーを取り入れる形で折り合いを付けた今の川崎は凄く危険…

【新潟の「スピード」は横浜の「判断」を上回った。それだけの話。 by いた】 about [J1-33] 横浜 0 v 2 新潟

改めて新潟戦を見返して…うん、新潟強かった。後半戦最も勝ち点を稼いだチームに相応しいクオリティであり、尚且横浜のストロングポイントを理解していたのかな、と。新潟の特色である前線からの強烈なプレッシングは、横浜の選手達もスカウティングである程…

【奈良輪君は非常にクレバーな対応、ほぼ完封といっていい出来 by いた】 about [J1-29] 横浜 1 v 0 広島

昨日の試合のこと。リーグ終盤での首位攻防戦、痺れるシチュエーションで試合ができることの幸せを噛み締めてました。その上で耐えるべきところを耐え、獲るべきところで獲って、勝ち点3を取れたこと、この上ない幸せです。静的な守備陣形を敷く広島に対して…

【「攻めろ攻めろ」と煽るのではなく、意図を把握してあげてほしい by いた】 about カウンターに「行けそうな」タイミングについて

【昨日の試合で思った事】応援する側が「敵」にならないようにしたいなぁと思ったり。今のチームの構成であったり、強烈な暑さを鑑みて、ゲームのテンションや体力的負荷をコントロールしているのは明らか。それを理解せず「攻めろ攻めろ」と煽るのではなく…

【「軽い」プレーが軽妙さに繋がりテンポを生んだりリズムを生む by いた】 about [J1-20] 鳥栖戦での金井について

かないさまは相変わらずダイレクトで裁くのが凄くうまいし、リズムやテンポを作れる選手だなぁと思ったり。対応の仕方としても、相手の出方を見極めて身体を入れたりと対応の巧さを感じた。横浜からしてみたら捕まえづらく、リズムを切られる存在だったから…

【4-4-2の継続が 正しいのかは正直未だに分からない。ただ、結果を出すことで次に繋がる by いた】 about [J1-11] 横浜 2 v 1 名古屋

監督も、選手も、真摯にフットボールに取り組んでくれている。それが凄く伝わってくるゲームだった。だからこそ勝たせてあげたかった。そして、勝った。素直に心から嬉しかったし、応援して良かったなぁと思ったりしました(自己満足)普段とちょっと違う入…

【抜群の連動でボールを「狩る」ようなプレーの頻度が減っている by いた】 about [J1-9] 横浜 1 v 1 鹿島

理屈はどうあれ、凄く勝ちたかったのが本音。ホームだし、2試合勝てていなかったし、40000人も入ったし、地上波放送もあったし、ね。でもこちらの思惑には進まない、相手があって、自分達のコンディションや置かれている状況、ゲーム展開…引き分けはフェアな…